ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

福留、節目の一発も言葉少な=プロ野球・阪神

4/13(金) 21:54配信

時事通信

 阪神の福留が日米通算300本塁打を放った。2点を追う九回。そこまで抑えられていたヤクルトの先発、ブキャナンの甘い速球を捉えて右中間へ同点2ラン。節目の一発で甲子園のファンを熱狂させたが、「それまで何とかしておけば」。延長での敗戦に、主将は言葉少なだった。

 40歳。体の衰えと闘いながら、開幕から好調を維持している。本人は「例年と変わらない」と話すが、「まだ若手には負けられない」という気持ちがベテランを突き動かす。金本監督は「あそこで打ってくれるのが孝介」と勝負強さをたたえた。

最終更新:4/13(金) 21:59
時事通信