ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

なでしこ 8大会連続W杯出場に先制ゴール 勝つか引き分けで

4/14(土) 0:11配信

デイリースポーツ

 「サッカー女子・AFCアジアカップ、日本-オーストラリア」(13日、アンマン)

 1次リーグB組の最終戦が行われ、前回覇者の日本代表「なでしこジャパン」はオーストラリアと対戦、後半18分にMF阪口夢穂(日テレ)のゴールで先制した。

【写真】先制ゴールを決めて駆け出す阪口夢

 前半はオーストラリアのスピードのある攻撃に何度もピンチがあったものの、守り切った。後半18分に阪口が左サイドから長谷川の折り返しに中央に詰めていた阪口が左足でゴールした。

 日本は勝てばB組1位となり8大会連続でのW杯出場が決まる。1点を奪ったので引き分けでもW杯出場となる。

 日本の先発メンバーは次の通り。

 ▽GK山下杏也加(日テレ)▽DF鮫島彩(INAC神戸)、宇津木瑠美(レイン)熊谷紗希(リヨン)、市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台)、清水梨紗(日テレ)▽MF中島依美(INAC神戸)、阪口夢穂(日テレ)、長谷川唯(日テレ)▽FW岩渕真奈(INAC神戸)、菅沢優衣香(浦和)

スポーツナビ サッカー情報