ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

なでしこ 8大会連続W杯出場決定 阪口夢がゴール オーストラリアと引き分け

4/14(土) 0:35配信

デイリースポーツ

 「サッカー女子・AFCアジアカップ、日本1-1オーストラリア」(13日、アンマン)

【写真】先制弾の阪口夢「いい時間帯に取れてよかった」

 前回覇者の日本代表「なでしこジャパン」が、オーストラリアと引き分け1次リーグB組2位で準決勝進出、8大会連続のフランスで行われるW杯出場を決めた。オーストラリアはB組首位でW杯出場を決めた。

 世界ランク11位の日本は、1次リーグB組最終戦で世界ランク6位のオーストラリアと対戦。序盤に攻め込まれ苦戦を強いられたが、後半18分にMF阪口夢穂(日テレ)のゴールで先制した。しかし後半41分、カーに同点ゴールを決められた。

 高倉麻子監督は「前半は特に攻め込まれる時間が長かったんですけど、そういう展開は分かっていたので我慢ということでみんな耐えてくれた。後半、相手が足が止まったところで、プラン通りだったのですけど、最後のところで力のあるチームだったので1点押し込まれた。引き分けは残念ですけど、出場権獲得しましたし、ここから優勝目指して頑張っていきたい。まだまだ課題はあるんですけど、一つ山を越えてということで前向きに進んでいきたい」と連覇を目指す。