ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

羽生滑った!ジャンプなしもメドレーで演技披露「ただ楽しんで」

4/13(金) 20:54配信

スポニチアネックス

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で五輪2連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)が13日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われたアイスショー「Continues~withWings~」に出演した。

 痛めている右足首治療のため演技は披露しない予定で、影響を受けたスケーターたちとのトークコーナーなどで観客を楽しませた羽生だったが、フィナーレではジャンプなしの演技をメドレーで披露するサプライズ。満員の観客は総立ちで羽生の粋な計らいを喜んだ。

 フィナーレで羽生が衣装に身を包んでリンクに立つと、割れんばかりの歓声と拍手が沸き起こった。平昌五輪のエキシビションから約3週間、スケートを滑らず右足首の状態が上向きになったことで実現。「問題なく滑っている。出来ないジャンプはたくさんあって、すべてジャンプなしになっているが、ただ楽しんで。心配な気持ちもあると思います」と観客に呼びかけ、ノービス時代のプログラム「ロシアから愛を込めて」などを披露した。