ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

羽生、平昌五輪の4回転サルコーは「手応えがあった」

4/13(金) 20:23配信

スポーツ報知

 フィギュアスケート男子で、14年ソチ五輪、18年平昌五輪金メダルの羽生結弦(23)=ANA=が13日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催されたアイスショー「コンティニューズ・ウィズ・ウィングス」で45日ぶりに公の場に登場した。右足首リハビリ中のため、トークに参加。

 平昌五輪で演じたショートプログラム(SP)ショパンの「バラード1番」の演技解説のコーナーでは、写真を見せながら、演技を振り返った。冒頭の4回転サルコーについては「復活してから、けがを終えてからの舞台で、しかも五輪の舞台ですごい緊張した」。司会者から「とてもきれいなジャンプだった」と言われると「手応えがあった。スピンとかステップとかもそうだけど、1つ1つつみあげてきたものがうまくいったなあと(思う)」と話した。

 また、「ステップ入るときの歓声がすごかったが覚えていますか?」と聞かれると「頭の中で音が鳴っていて、耳でお客さんの声が聞こえる感じ」と振り返った。

最終更新:4/14(土) 19:39
スポーツ報知