ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【巨人】菅野、8回10K熱投で今季初勝利!マギー2戦連発、岡本3号2ランで連敗止めた

4/13(金) 20:58配信

スポーツ報知

◆巨人10―2広島(13日・東京ドーム)

 巨人は菅野が8回119球を投げ、1失点10K。エースが熱投を見せ今季初勝利。チームの連敗を6で止めた。

【写真】5回2死二塁、左越え2ランを放ったマギー

 初回に1点を先制されたものの、その裏に打線が爆発。4番・マギーの中前適時打で勝ち越すと、5番・岡本が左中間スタンドに3号2ランを叩き込んだ。

 5回にもマギーの2戦連発となる2号2ランで追加点。7回にも坂本勇、吉川尚の連打で無死一、三塁とすると、ゲレーロの左翼線二塁打で2点を追加。試合を決めた。

 菅野「(今季初勝利で)ホッとしてます。ここ2試合うまくいってなくて、いろいろな人にいろいろアドバイスもらって。今日は小林がうまく引っ張ってくれました。いいイメージで臨めていなかったけど、長い野球人生の中で必ずこういう時は来ると思っていたので、なんとか自分の力で打開しようとそれだけ考えてました。連敗していたけど、みんなでつないで、みんなで勝ち取った1勝。自分の中で一生忘れられない1勝になりました。去年、カープに負け越しましたし、チームとしても、なんとかカープに食らいついていこうとやっているので、今日の1勝は大きいです」

最終更新:4/13(金) 21:57
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報