ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

中村悠一&早見沙織、『パシリム』続編の吹き替えに大興奮「幼稚園生のような…」

4/13(金) 19:55配信

オリコン

 声優の中村悠一、早見沙織が13日、都内で行われた映画『パシフィック・リム:アップライジング』初日舞台あいさつに登壇。主人公のジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガ)の日本語吹替声優を務める中村は「ボイエガさんの声がすごく低くて太い声で、それに寄せようとしたら、さすがに無理がでる。自由にやらせていただくしかないなと思ってやったので、字幕版とは音声的な違いはあるけど、ニュアンスは寄せているつもりではあります」と役作りの工夫を明かした。

【動画】1:20~新田真剣佑の姿も 『パシフィック・リム:アップライジング』本予告

 一方、独自にイェーガー(人型兵器)を作り上げる謎の少女アマーラ役を担当する早見は「いつも台本と一緒に映像を見させていただきながらやるんですけど、今回はあまりに映像がカッコいいので全然チェックにならなくて…ただただ、お客さんとして『うわーカッコいい、大きい、すごーい』という幼稚園生のような感想で見ていました」と興奮した様子で力説。「動きもしゃべりも多いので、ハイな気持ちでアフレコに臨みました」と満面の笑みを浮かべていた。

 巨大生物KAIJUと人類の攻防を描いたアクション大作『パシフィック・リム』(2013年)の続編となる同作。前作で描かれた人類とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現す。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちは、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことができるのか。

 舞台あいさつにはそのほか、森なな子、石川界人も登壇した。

最終更新:4/13(金) 19:55
オリコン