ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

広島・廿日市女子高生刺殺、山口の男逮捕 指紋・DNA型が一致

4/13(金) 15:36配信

産経新聞

 広島県廿日市(はつかいち)市で平成16年、県立高校2年の北口聡美さん=当時(17)=が自宅離れで刺殺された事件で、広島県警は13日、殺人の疑いで、山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)を逮捕した。鹿嶋容疑者は別の暴行事件で山口県警に書類送検されていた。逮捕後、鹿嶋容疑者は、山口県警山口南署から、捜査本部のある広島県警廿日市署に移送された。

 捜査関係者によると、鹿嶋容疑者の指紋を調べたところ、廿日市市の現場に残されていた指紋とほぼ一致していることが判明。さらに、現場で採取されたDNA型も一致したという。事件は発生から13年半が経過し急展開を迎えた。

 事件は16年10月5日午後3時ごろ、廿日市市上(かみ)平(へ)良(ら)の自宅の離れで発生した。当日、北口さんは試験期間中のため午後1時40分ごろ帰宅。夕方にはクリーニング店でアルバイトがあり、それまでの間、2階自室にいた北口さんが若い男に襲われた。

 悲鳴を聞いた祖母と妹が母屋から駆け付け、離れ玄関付近で胸や腹を刺されて倒れている北口さんと、男を発見。妹は逃げたが、祖母も切りつけられて重傷を負った。

 北口さんの部屋が荒らされた形跡はなく、捜査関係者は「真っ先に聡美さんを狙った」と断言。離れで確認された靴の跡と同型のものが自宅周辺でも見つかり、執拗(しつよう)に付け狙っていたとの見方も強めていた。

 北口さんの死因は外傷性失血死だった。

 捜査本部は妹の目撃証言などから、犯人は20歳くらいで身長165センチ前後の男とみて、似顔絵を作成して動機を絞り込まず幅広く捜査。28年には、北口さん方の南側にある国道で事件当時、逆走する不審なバイクの目撃情報があったことも公開していた。

 警察庁は20年から解決に結びつく情報の提供者に最高で300万円の公的懸賞金(捜査特別報奨金)を出すことを決めたが、有力な手掛かりは得られず、捜査は難航していた。

最終更新:4/13(金) 17:16
産経新聞