ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

村田諒太「世界にアピール」 比嘉大吾「百パーセント出す」 ダブル世界戦調印式

4/13(金) 16:38配信

産経新聞

 ボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)の調印式が13日、東京都内で行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)は「世界にアピールできる試合がしたい。ベストを尽くす」と初防衛に意欲を示した。挑戦者で同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)は「村田が1曲かけてくれるので、それに合わせて私の踊りをしたい」と独特の表現で抱負を述べた。

 3度目の防衛と16戦連続KO勝ちの日本新記録が懸かる世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)は減量苦で険しい表情ながら「試合になったら百パーセントの力を出せると思う」と力を込めた。同級2位のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)は「比嘉が負ける日になる」と自信をみせた。

最終更新:4/13(金) 16:38
産経新聞