ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

猫の死体とともに、アパート敷地内に遺体

4/13(金) 18:32配信

産経新聞

 13日午前10時すぎ、東京都足立区千住寿町のアパートの敷地内から遺体が見つかったと110番通報があった。警視庁千住署によると、このアパートに住む50代女性と連絡が取れなくなっているといい、同署が遺体は女性とみて身元の確認を急ぐとともに死亡した経緯を調べる。

 千住署によると、遺体はアパート敷地内に掘られた深さ1メートルほどの穴の中で見つかり、死後1、2カ月が経過しているとみられる。目立った外傷はなく、着衣の乱れもなかった。穴の中には猫の死体もあり、周辺にはスコップが置かれていたことから、同署は猫の死体を埋めようとして誤って穴に転落し、死亡した可能性があるとみている。

 アパートの大家の依頼で訪れていた産廃業者が遺体を発見し、交番に届け出た。

最終更新:4/13(金) 18:32
産経新聞