ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ミューズ、2018年の計画「多分、ニュー・アルバム」

4/13(金) 15:32配信

BARKS

ミューズが水曜日(4月11日)、2018年の計画について語る映像をTwitterに投稿した。

◆ミューズ画像、動画

フロントマンのマット・ベラミーはこう話した。「僕らの2018年の計画は、曲いっぱい作って、多分、ニュー・アルバムもかな。いくつかシングル出して、5,6公演やりたい。これまでプレイしたことのないアメリカでのフェスティバル、初めてBonnarooでプレイするのやBottleRock Napa Valley、Carolina Rebellionを楽しみにしてる」

ミューズは、初めて全米1位を獲得した最新アルバム『Drones』(2015年)以降、シングル「Dig Down」を2017年5月に、「Thought Contagion」を今年2月にリリースしている。

現在のところ、年内の公演は、4月にメキシコの<Pa’l Norte>、5月にアメリカの<Carolina Rebellion>と<BottleRock>、6月にドイツの<Rock am Ring><Rock im Park>、アメリカの<Bonnaroo>、ポルトガルの<Rock In Rio>のフェスティバル出演のみ告知されている。

マット・ベラミーは先月、ロンドンで開かれたロジャー・ダルトリー主催のチャリティー公演<Teenage Cancer Trust>にザ・ビートルズのトリビュート・バンドDr. Pepper's Jaded Hearts Club Bandとして出演。ブラーのグレアム・コクソン、ジェットのクリス・セスター、ザ・ズートンズのショーン・ペイン、ナイン・インチ・ネイルズのアイラン・ルービン、ジェイミー・デイヴィスというラインナップで、英国では初となるパフォーマンスを行なった。

Ako Suzuki

最終更新:4/13(金) 15:32
BARKS