ここから本文です

スピッツ/sumika/SUNNY CAR WASH【EARTH×HEART LIVE】美しく生い茂った“音楽の森”

4/13(金) 18:10配信

Billboard Japan

 豊かな森が多様な木々から創られるように、多種多様な人が集まるからこそ、素晴らしい文化や音楽が生まれていく。スピッツ、sumika、SUNNY CAR WASHが創造した“音楽の森”も、それは青々と美しく生い茂り、人々の心に大きな感動をもたらした。

【EARTH×HEART LIVE】写真(全18枚)

 2018年4月9日にZepp DiverCity(TOKYO)で開催された【TOKYO FM&JFN present EARTH×HEART LIVE 2018】。第1回の開催から29年目を迎えたライブイベントで、ステージの合間には進行役として『SCHOOL OF LOCK!』の“とーやま校長”こと遠山大輔(グランジ)と、フリーアナウンサーの高橋万里恵が登場。オーディエンスと共に「性別も年齢も人種も民族も越えて、みんなが活躍する豊かな世界」を森づくりから学び、今年のテーマ「ROCK THE FOREST」への造詣を深めていった。

SUNNY CAR WASH「この星が、この地球が、ずっと元気でいられますように」

 オープニングアクトとして登場したSUNNY CAR WASHは、【未確認フェスティバル2017】で審査員特別賞を受賞した平均年齢19.6歳のスリーピースバンド。登場するや否や、岩崎優也(vo,g)、羽根田剛(b)、畝狹怜汰(dr)は拳を合わせて気合を入れ、まずは<故郷へは緑を>と歌うイベントのテーマにもふさわしい「それだけ」を披露。ほとんどの楽曲が約3分というコンパクトサイズながら、芯のあるサウンドとメッセージ性の強いリリックで人々の心を揺さぶっていき、ラストは「この星が、この地球が、ずっと元気でいられますように」という岩崎の言葉から、心地よいメロディラインの際立つ「ティーンエイジブルース」を。ほろ苦くも瑞々しい風を吹かせ、メインアクトにバトンを繋いでいった。

sumika「一ミリの嘘もなく、僕は感動してます」

 続いての登場は、今一際注目を集めるsumika。バンドの頭文字「s」を象るライティングがくるくると回る中、片岡健太(vo,g)、黒田隼之介(g,cho)、荒井智之(dr,cho)、小川貴之(key,cho)は、流れていたSEをぶった切るようにポップナンバー「MAGIC」でパフォーマンスをスタートさせる。巧みに展開するリズミカルな楽曲群に加え、カラフルに染まるステージや楽しそうに演奏するメンバーの姿もフロアの熱を煽り、瞬く間にパーティ会場さながらの盛り上がりである。

 最初のMCでは、「昨日の夜、僕のハートが高ぶりすぎて、一睡も出来ませんでした」とはにかむ片岡。さらに、すし詰め状態になっているオーディエンスを気遣いつつ、「元気が出る呪文がなんかあった気がするなあ。なんだっけなあ。せーの「ふっかつのじゅもん」!」と、間髪入れずにそのイントロをかき鳴らす。思わず口ずさみたくなるメロディラインと楽器の掛け合い、全員が一緒になって楽しめる定番の合いの手など、sumikaの魅力が詰まった名曲だ。メンバーもオーディエンスも満面の笑みを浮かべて体を揺らし続け、終盤に片岡はこんなジョークを飛ばしてみせる。「早いもので、残りあと36曲になりました。この計算になると、スピッツが出てくるのはだいたい25時……嫌だね(笑)。俺もスピッツ観たい」

 昨年はスピッツ結成30周年に関する特別番組にもコメントを寄せるなど、スピッツには大きな影響を受けている片岡。2015年には体調不良で活動休止になるなど苦難もあったが、そこには「今日、2018年4月9日、一ミリの嘘もなく、僕は感動してます」と、心から嬉しそうに語る姿があった。ラストには、復帰後初音源となった両A面シングルの一曲であり、先ほど演奏された「Lovers」と対になる「伝言歌」を演奏。サビで歌われる<伝えたい 全部あなたに>という想いは、その場にいた全員にしっかり伝わったことだろう。

1/3ページ

最終更新:4/13(金) 18:10
Billboard Japan