ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

高知・鏡地区でイタドリ収穫

4/13(金) 20:08配信

テレビ高知

テレビ高知

「高知ならではの山菜」とも呼ばれるイタドリの収穫が、高知市鏡地区で始まっています。中山間地域の振興を目的に地元の生産者らが中心となって栽培したイタドリです。

高知市鏡地区では米の生産調整を背景に1970年ごろからイタドリの生産に取り組んでいます。去年9月には、中山間地域の振興などを目的に、生産者らが中心となって本格的にイタドリを栽培する部会を立ち上げました。きょうは部会が立ち上がってから初めての収穫作業が行われ、メンバーの1人、川崎文雄さん夫婦が50センチほどに成長したイタドリの根元を折りながら次々と収穫していきました。

「今回初めて野菜という感覚でイタドリの栽培を始めてみました。1年でこんなに収穫ができるようなイタドリになりました。この技術を高知県内の方々に広めていって、全国の人にイタドリを食べてもらいたい」

こちらのイタドリは肥料をあげた後、草を取り除くなど管理を徹底しているため、自生しているイタドリよりも皮がむきやすく高品質だということです。イタドリの収獲は来週頭ごろまで続きそうです。

最終更新:4/13(金) 20:08
テレビ高知