ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

花と緑の美しい街を目指して

4/13(金) 20:14配信

テレビ高知

テレビ高知

4月のみどりの月間に合わせて、花や植木などを販売するイベントが高知市の中央公園で始まりました。

このイベントは花と緑の美しい町づくりを進めようと、県森と緑の会などが毎年開いていて、今年で46回目です。去年は3日間でおよそ1万4000人が訪れました。会場には植木や木工製品の展示販売など11のブースが並んでいます。毎年人気の苗木と花の種の無料配布は、3日間でブルーベリーやアジサイの苗木200株と、コスモスやアサガオなどの花の種4000袋が配られます。今年も配布前から100人を超える長蛇の列ができていました。

「天気が良くていいですね。気持ちがいい。(苗は)植えますよ。ブルーベリーは何本植えてもいいから」
「庭があるのでそれに(種を)まいて楽しみにしてます」

イベントは高知市の中央公園であさってまで開かれ、あすからは高知農業高校の生徒が初めて野菜などを販売する予定です。

最終更新:4/13(金) 20:14
テレビ高知