ここから本文です

最大10kmの渋滞予測も 外環道、15日から工事で昼夜連続車線規制

4/13(金) 11:43配信

乗りものニュース

圏央道などへの迂回を呼び掛け

 2018年4月15日(日)から外環道で橋のリニューアル工事を実施。車線規制などに伴い最大10kmの渋滞を予想していることから、NEXCO東日本関東支社は、圏央道などへの迂回利用を呼び掛けています。

この記事の画像をもっと見る

 工事区間は外環道内回り(大泉JCT方面)の美女木JCTから和光北ICまでです。橋の耐久性を向上させて損傷の抑制や防止を図るため、アスファルト舗装の一部を、強度の高いコンクリート舗装に置き換えます。

 2週にわたる工事のうち、すでに4月8日(日)~10日(火)の3日間で、1週目の工事を終えています。NEXCO東日本によるとこのときは、昼夜連続の1車線規制と速度規制などにより、9日(月)午前7時5分ごろに最大9.8km、翌10日(火)午前7時10分ごろに最大10.7kmの渋滞が発生。三郷JCTから大泉JCTまでの所要時間は、通常35分のところ、最大64分だったといいます。

 2週目の15日(日)21時から18日(水)朝6時までの期間も、同様の工事を予定(降雨の場合変更)。対象区間は同じく内回りの美女木JCT~和光北IC間で、工事期間中は内回りの美女木JCT入口と戸田西IC入口が閉鎖されます。

 NEXCO東日本は、工事箇所を先頭に最大10kmの渋滞を予測していることから、東北道+圏央道ルートや首都高埼玉大宮線+国道17号+国道16号ルートなどの迂回利用を呼び掛け。1週目の平日朝、白岡久喜JCT→大泉JCT間や鶴ヶ島JCT→川口JCT間では、外環道経由より圏央道経由の方が所要時間が短くなる時間帯があったことから、NEXCO東日本は「工事期間中は最新の交通情報をご確認いただき、迂回や公共交通機関のご利用をお願いします」としています。

乗りものニュース編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ