ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

元℃-ute・鈴木愛理、解散後初のソロライブにまつわる“エモい”話

4/13(金) 17:19配信

TOKYO FM+

新放送サービスi-dioのチャンネル「TS ONE」で、毎週放送中の番組「鈴木愛理Airi’s Potion」。ファッション雑誌「Ray」専属モデルもこなす、アイドルグループ・元℃-uteの鈴木愛理が、魔法のポーション(聖水)のように音楽とトークでリスナーの心を癒やします。4月4日(水)の放送では、℃-ute解散以来、単独ライブとしては約9ヵ月振りの、東京・COTTON CLUBでのライブの思い出を、たっぷり語りました。

3月26日(月)~4月1日(日)に行われた、東京・COTTON CLUBでの「鈴木愛理 1st LIVE ~Do me a favor @ COTTON CLUB~」を大成功のうちに終えた鈴木。昨年6月12日(月)の℃-ute解散以来、単独ライブは約9ヵ月ぶり。「初日の朝は、母親がびっくりするくらい無口だった」のだそうです。ステージでは、「ファンのみなさんの顔を久しぶりに見て、今まで握手会やライブで顔を見てきた人がほとんどだったので、『相変わらず元気だ!』と思って安心しました。新しいスタートの公演、すごく近い距離でみなさんに歌をお届けできました」と語りました。

今回のステージでは、6月6日(水)にリリースされるソロ・デビューアルバム『Do me a favor』からの楽曲もたっぷり披露。公演に向けて「いろんな訓練をしました」という鈴木は、なかでもダンスレッスンが思い出深かったそうです。
「ダンスは、高校のときからの親友のダンサー・KANATAに振り付けしてもらいました。KANATAは3年間同じクラスだった本当の仲良し。まさか一緒に仕事ができると思ってなかったから、夢みたいな感覚。いつも一緒にワイワイしていた子と、夢や仕事の話をするのは、最初は照れくさかったけど、だんだんエモくなってきて。ひとつひとつの出会いを大切にしようと思いました」と話します。
しかも新曲の振り付けは、かなり難しいらしく、「難しすぎて、最初は生まれたての子鹿のようになってた(笑)。KANATAにいっぱいしごかれましたけど、まだまだ成長途中です。その成長を、みなさんに見てもらえて良かったです!」と嬉しそう。でも、「初日は緊張していて、最初の何曲かは、ファンのみなさんの顔を見ることもできなかった。だけど、みんながいつもペンライトを持っている右手が手持ち無沙汰で、顔を掻いている人がいたのはわかりました(笑)」と鈴木。自分にとっても、ファンにとっても「新しい感じだよね!」と思いながら歌っていたそうです。

ライブに向かう心境も、今までとは違っていたとのこと。今までライブ前は、直前まで歌詞を心配したり、焦っていたりしたそうですが、今回は「前日が弟の誕生日だったので、明日がほんとに初日?と思うくらい、パーティをやっていたんですよ(笑)。いい意味で、気持ちもユルくできたかな。今までと感覚は違いました」と鈴木。ソロ活動をスタートしてからは、整体や耳鼻科に通院するなど身体のメンテナンスにも、前以上に気を使うようになったそうです。
新たな楽曲とダンスに挑戦するCOTTON CLUB公演は、後半が4月24日(火)~29日(日)まで行われます。アルバムリリースと7月9日(月)のソロ初の日本武道館公演に向けて、ますます期待が高まります!

最終更新:4/13(金) 17:19
TOKYO FM+