ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

〈高校野球〉甲子園懸けた青森県大会は7月9日開幕

4/13(金) 16:54配信

デーリー東北新聞社

 青森県高野連は12日、青森市で定例理事会を開き、2018年度の日程などを決定した。硬式は夏の甲子園出場を懸けた第100回全国高校野球選手権記念青森大会を7月9日から13日間、八戸市長根、六戸町メイプル、青森市営、青森県営、弘前市はるか夢の5球場で実施。7月12、13日は、はるか夢でプロ野球フレッシュオールスターが開催されるため、県営で試合が行われる。準々決勝以降は、はるか夢で熱戦を繰り広げる。組み合わせ抽選会は6月26日。

 春季県大会は5月18~20日、26、27日に長根、八戸市東、メイプルで開催。上位3校は、6月7日から5日間、青森市営、県営での春季東北大会に出場する。

 秋季県大会は9月15~17日、22、23日に県営、はるか夢、黒石で実施。春のセンバツ出場校を決める参考資料となる秋季東北大会は10月12~15、17日に秋田県で開かれる。

 軟式の第63回全国高校野球選手権大会青森県予選会は、6月29日から7月2日まで八戸市で開催する。

 このほか、18年度の青森県体育協会による強化事業の指定校(硬式)は青森山田を選定。第100回記念大会に合わせて、今大会から優勝旗を新調する。

デーリー東北新聞社

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/20(金) 20:00