ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

漫画村へのアクセス遮断を政府が推奨 ⇒ 反応さまざま

4/13(金) 16:38配信

ハフポスト日本版

政府は4月13日、「漫画村」など3つの海賊版サイトに対するアクセス遮断をインターネット事業者(プロバイダー)が自主的に実施することを促す決定をした。これに対し、ネット上ではさまざまな反応が出ている。

「灰羽連盟」の安倍吉俊さんがコメント

「灰羽連盟」「ニア アンダーセブン」などの作品で知られる漫画家の安倍吉俊さんは同日、アクセス遮断の報道を受けて「違法サイトより利便性が高くて納得できる価格の公式サービスができない限り解決しないと思う」とTwitter上でコメントした。

海賊版サイトへのアクセス遮断の効果に疑問を呈した上で、利便性の高くてリーズナブルな価格の電子書籍サービスへの期待感をにじませた。

政府は「要請ではない」としているが...

政府はアクセス遮断対象となるサイトを名指しはするが、要請はせずプロバイダーが自主判断するという姿勢だ。これに対して、思想家の東浩紀さんは「ひどい責任逃れ」と批判した。

政界からも反発する声がある。「希望の党」の源馬謙太郎・衆院議員は「漫画文化を守るため海賊版サイトの撲滅は重要」としつつも、「政府の判断で恣意的にサイトをブロックするのは問題」と指摘した。

東京都・世田谷区議の上川あやさんも「政府の一存で遮断可能なら、政権に不都合な情報も遮断できちゃう」として、立法で対応すべきとした。