ここから本文です

【映像】シリアの化学兵器使用疑惑 英国政府に考えられる選択肢

4/13(金) 16:22配信

アフロ

 シリアの反体制派拠点に対する化学兵器の使用疑惑を受けて、英国政府はさらなる使用を阻む必要があるという認識で一致、トランプ米政権と連携すべく、軍事攻撃に向けて準備を進めていると報じられている。
 軍事行動への決定が下されれば、地中海キプロスのアクロティリ空軍基地のトルネードGR4戦闘機やユーロファイター「タイフーン」による空爆か、地中海東部に展開する攻撃型潜水艦から発射されるトマホーク巡航ミサイルによる攻撃のどれかか、そのすべてが考えられる選択肢だ。

(イギリス、ロンドン、4月13日、映像:PA/AFLO)

最終更新:4/13(金) 16:22
アフロ