ここから本文です

ロータス史上最速!エヴォーラ GT430 スポーツを販売開始

4/13(金) 15:03配信

オートックワン

エルシーアイは、ロータス エヴォーラ GT430 スポーツを2018年4月13日より発売した。価格(消費税込)は1782万円となる。

>>ロータス エヴォーラ GT430 スポーツの画像を見る

2017年9に限定発売されたエヴォーラ GT430のプロダクションモデルとして新しく加わったエヴォーラ GT430 スポーツは、驚異的なパワーと彫りの深いボディスタイルはそのままに、ダウンフォースを高めるエアロパーツを最小限に抑えた。

インタークーラー付き3.5リッターV6 スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力は436PS、最大トルクは440Nm(ATは450Nm)を発生する。

エアロパーツを外したことで10kg削減したエヴォーラ GT430 スポーツの乾燥重量は1248kgで、これによりパワーウェイトレシオは345hp/tとなり、最高速度はロータスロードカー最速の時速315kmに達する。

エヴォーラ GT430 スポーツは、6速MTと6速ATを選択することが可能。最大トルクが10Nm大きいATバージョン(450Nm)は、より瞬発力に優れ、0~100km/h加速はを3.7秒を記録した。6速ATは最適化されたECUギアボックスを活かし、超高速変速を実現。ギアの選択は、ステアリングホイールに装備された軽量アルミ製パドルで行う。

ハイスペックを誇るエヴォーラ GT430シリーズは、オーリンズ TTX 2ウェイ・アジャスタブル・ダンパー、2ピースJフックベンチレーテッドブレーキディスクとAPレーシング製4ピストンキャリパー、トルセン式リミテッドスリップデフ(LSD)、および可変トラクション・コントロール・システムを標準装備した。

新登場のエヴォーラ GT430 スポーツでは、フロントとリアのバンパー、フロントアクセスパネル、ルーフパネル、リアクォーターパネル、ワンピース構造のルーバー付きテールゲート、スポイラーはすべてカーボンファイバー製を標準装備し、カーボンファイバーをフル活用することで車両重量を低く抑えている。

エヴォーラ GT430シリーズのすべての車両には、エアブレードが一体となった2つの大型カーボンファイバー製ダクトが設けられている。これにより、空気をフロント開口部へと効率良く送り、ホイールが生み出すタービュランスを低減する。

また、フロントホイールアーチパネルが空気を車両側面に沿うように導く一方で、リアホイール後部を深くえぐるように作られたダクトが、ホイールアーチからすばやく空気を放出し、ダウンフォースのバランスを整えている。その結果、エヴォーラ GT430スポーツは、時速315kmで最大100kgのダウンフォースを発生する。

カーボン素材は、ボディだけでなく、インテリアにも採用されている。細部まで丹念に仕上げられたレースシートや新しいドアシル、新設計のインストルメントパネルカバーなどにカーボンの織目模様が美しいカーボンファイバー製コンポーネントが採用されている。

ステアリングホイールやダッシュボード、ドアパネル、トランスミッショントンネル、センターコンソールはすべてブラックアルカンタラとディンプルレザーのコンビネーション。赤と白のコントラストが映えるツインカラーステッチとマットブラックのインテリアパネルで仕上げられている。

トラクションコントロール機能が標準装備され、ECUと直接リンクされているため、「レース/オフ」設定では、ホイールスリップを手動で調整できる。また、1インチ幅の広い10.5Jリアホイールに、タイヤは10mm幅の広いミシュラン パイロットスポーツ カップ2(フロント:245/35 R19、リア:295/30 R20)をオプションで装着することができる。

最終更新:4/13(金) 15:03
オートックワン