ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

トランプ大統領との不倫を告白! アダルト映画のスター女優「ストーミー・ダニエルズ」とは

4/13(金) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

アダルト映画のスター女優で監督も務めるストーミー・ダニエルズ(Stormy Daniels)によると、彼女がドナルド・トランプと出会ったのは2006年7月、カリフォルニア州タホ湖で開催された有名人の参加するゴルフトーナメントでのことだった。2人の関係はこれをきっかけに始まったという。

トランプ大統領との不倫を告白! アダルト映画のスター女優「ストーミー・ダニエルズ」とは【他の写真をみる】

当時、トランプはすでに現在の妻メラニアと結婚しており、夫人は息子を出産したばかりだった。

2016年の大統領選の投票日を数週間後に控えた頃、トランプの長年にわたる顧問弁護士マイケル・コーエン(Michael Cohen)は、自らのポケットマネーから13万ドルを支払い、ダニエルズにトランプとの関係を話さないよう口止めを図った。

2018年1月、口止め料の件がメディアに漏れると、ダニエルズ(本名はステファニー・クリフォード(Stephanie Clifford)という)は一躍全米の注目を集めた。彼女は現在、口止めの合意は無効だとしてトランプを相手取って訴訟を起こし、自ら語り始めた。大いに注目を集めていたCBSの「60ミニッツ」のインタビューは、3月25日夜(現地時間)に放送された。

ストーミー・ダニエルズとは一体どんな人物なのだろうか?

(※全ての写真は記事上部のリンクからご覧になれます)

ダニエルズはルイジアナ州で生まれ育った。

10代の頃からストリッパーとして活動し、まもなくポルノ業界に進出した。

2002年、カリフォルニア州に拠点を置くポルノ映画の制作会社「ウィキッド・ピクチャーズ(Wicked Pictures)」の作品で、主演女優を務めた。

演者としても、監督としても、アダルト業界で数多くの賞に輝いている。

ダニエルズは、比較的メジャーな映画にも端役で出演している。『40歳の童貞男(原題:The 40 Year Old Virgin)』『無ケーカクの命中男/ノックトアップ(原題:Knocked Up)』『冒険してもいいコロ! (原題:Finding Bliss)』の他、2007年にはMaroon 5の『Wake Up Call』のミュージックビデオにも出演した。

これまでに3回、結婚している。

現在の夫は、アダルト映画の俳優ブレンドン・ミラー(Brendon Miller)。

ミラーと結婚する前、ダニエルズは別れた元交際相手との間に子どもがいると告白して、物議を醸した。

2012年のインタビューでは、彼女が母親にふさわしくないと考える人たちについて、「アダルト業界全体にネガティブなイメージがあるか、恐れているから」との見方を示した。

2009年、ダニエルズは政界への進出を検討。生まれ故郷であるルイジアナ州選出の現職デビッド・ビッター(David Vitter)上院議員に挑もうとした。ビッター議員は、売春婦と関係を持ったとしてバッシングの渦中にあった。ダニエルズは当時、ある記者に対し、自分は上院議員に最適だとは思わないが、「今の上院議員よりはマシな選択肢だと思う」と語った。

同じ年、夫に対するけんかの末の家庭内暴力で逮捕された。

ダニエルズは最終的に、上院選への立候補を断念した。

しかし2018年1月、再び政治の世界でダニエルズの名前に注目が集まる。今回は自身にとっても予想外だったはずだ。ウォール・ストリート・ジャーナルが、10年以上前にトランプ大統領と性的関係を持ったことについて、ダニエルズに10万ドル以上の口止め料が支払われたと報じたのだ。

2018年1月、トランプ大統領の一般教書演説の後に放映されたABCのトーク番組『ジミー・キンメル・ライブ! 』のインタビューでは、ダニエルズは口止め料に関する質問には答えなかった。トランプの顧問弁護士マイケル・コーエンは当初、いかなる金銭的なやりとりもなかったと、報道を否定していた。

ところが2月、コーエンは個人的にダニエルズにカネを渡したと認めた。

「トランプ・オーガニゼーションおよびトランプ陣営は、クリフォードさんとの金銭のやりとりには関与していない。直接的であれ間接的であれ、わたしが支払ったカネを補填することもなかった」コーエンは言う。「クリフォードさんへの支払いは合法で、陣営への献金でも陣営の支出でもなかった」

これに対し、ダニエルズのマネージャーは、コーエンが金銭の支払いを認めたことで、ダニエルズが以前署名した、口止め料について公の場で話すことを禁じる契約は無効になったと述べた。マネージャーは、状況が変わったと言う。「今や全ての制約がなくなり、ストーミーは自ら話すだろう」

3月6日には、ダニエルズはトランプが口止めの同意書にそもそも署名していないとして、大統領を訴えた。訴状は、「『トランプ氏を守り』続けるため、クリフォードさんを脅迫し、『黙らせようとする』動き」についても言及している。

ダニエルズが、2006年のトランプとの関係について、自身の言い分を語りたいのは明らかだ。そして、そのチャンスは3月25日に放送された『60ミニッツ』のインタビューで訪れた。

ダニエルズは聞き手のアンダーソン・クーパー(Anderson Cooper)に対して、2011年にラスベガスの駐車場で、トランプとの関係について黙っているよう、男に脅されたと語った。また、トランプと関係を持っていたことの証拠となる写真や動画の存在についても、その可能性を否定しなかった。

Source: Business Insider

[原文:Meet 'Stormy Daniels', the porn star Trump's lawyer paid to keep quiet about an alleged sexual affair - who's finally telling her side of the story]

(翻訳:長谷 睦/ガリレオ、編集:山口佳美)

最終更新:4/13(金) 20:10
BUSINESS INSIDER JAPAN