ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

横浜DeNA神里の激走で審判悩ますリクエスト 森本稀哲氏「僕は映像を見る力だけはある」ときっぱり

4/13(金) 19:09配信

AbemaTIMES

 売り出し中のルーキー・横浜DeNA神里和毅外野手(24)の俊足が、4月13日の試合で初回から「リクエスト」シーンを演出した。

 13日の横浜DeNA対中日1回戦の1回、神里が中日先発の小笠原慎之介投手(20)の3球目を叩くと、打球は高いバウンドでセカンドベース付近へと飛んだ。これをセカンド高橋周平内野手(24)が捕球しすばやく一塁へ送球。間一髪アウトとなった。

 一塁へヘッドスライディングした神里がセーフだと思ったかのような表情をするなど微妙なタイミングに、アレックス・ラミレス監督(43)がリクエストを要求。審判団がビデオ判定に入ったが、映像でも判別が難しいほどのタイミングだったようで、リプレイ映像での検証も通常より長い時間がかかった。そして約4分後に出てきた審判団は、判定通りアウトを宣告。横浜DeNAのリクエストは失敗に終わった。

 実際、リプレイ映像を見ても判定は難しく、場内のスクリーンに映像が流れた際はセーフだと思った横浜ファンから歓声が上がったほど。しかしAbemaTVの放送で映像が再生されると、解説を務めた森本稀哲氏は「僕にはアウトに見えます」と明言。その通りアウトの判定が出ると、「僕は映像を見る力だけはありますから」とよくわからない自慢をしていた。

最終更新:4/13(金) 19:09
AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(火) 6:20