ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ロナルド・レーガン放射性廃棄物、25日に搬出へ 横須賀基地

4/13(金) 17:21配信

カナロコ by 神奈川新聞

 米海軍横須賀基地(横須賀市)に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンのメンテナンス作業に伴って生じる低レベルの放射性廃棄物を運搬船に移し替える作業が、25日に実施される。米海軍が12日、横須賀市に口頭で連絡した。同様の作業は、ほぼ毎年実施している。

 市によると、廃棄物は作業用手袋、雑巾など。コンテナに収納してR・レーガンからクレーンで運搬船に移し、陸揚げされることはない。作業は日本人従業員が行い、コンテナに直接触れることはないという。運搬船は米国に帰国して、廃棄物は最終処理される。

 市は米海軍に対して、安全管理に細心の注意を払うことや、日本人従業員に適切な指示を与えることなどを求めた。