ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

H2A39号機 6月11日打ち上げ

4/13(金) 19:19配信

MBC南日本放送

MBC南日本放送

政府の情報収集衛星を載せたH2Aロケット39号機が6月11日に種子島宇宙センターから打ち上げられることが決まりました。
今年度、種子島では、H2AとH2B、合わせて3回の打ち上げが計画されています。

三菱重工業とJAXAは、H2A39号機を6月11日の午後1時から午後3時の間に種子島宇宙センターから打ち上げると発表しました。
ロケットに搭載されるのは、政府の情報収集衛星「レーダ6号機」で、外交・防衛上の安全保障などのために地上を撮影する事実上の偵察衛星です。
今年度、種子島宇宙センターでの打ち上げは3回計画されていて、1回目は13日発表された6月11日のH2A39号機です。
関係者によりますと、2回目はH2B7号機が夏に、3回目はH2A40号機が秋に打ち上げられる計画だということです。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:4/13(金) 19:19
MBC南日本放送