ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

シリア攻撃まだ決断せず トランプ氏協議続く

4/13(金) 16:03配信

ホウドウキョク

シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑で、トランプ大統領は12日、政権幹部と協議したが、最終的な決断には至らず、引き続き、関係国と詰めの協議を行う方向。

・ムービー「シリア攻撃まだ決断せず トランプ氏協議続く」

トランプ大統領は「われわれは、非常に真剣に注意深く全ての状況を注視している。今、さらなる決断をしなければならない。決断はまもなくだ」と述べた。

トランプ大統領は12日、シリアへの軍事攻撃について、まもなく対応を決断すると述べた。

ただ、ホワイトハウスは、このあとに行われた国家安全保障担当の幹部との協議でも、最終決断には至らなかったと発表している。

こうした中、マティス国防長官は12日の議会証言で、「化学兵器が使用されたと信じている」と述べながらも、シリアや、後ろ盾となっているロシアとの対立がエスカレートすることに慎重な姿勢を示した。

トランプ大統領はまた、共同での軍事攻撃を検討しているとされるイギリス、フランス両国の首脳と12日に電話で意見交換をしていて、今週末にも、対応が決まるとの見方が出ている。

最終更新:4/13(金) 16:03
ホウドウキョク