ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【MLB】大谷が敵地6歳ファンにバットプレゼント “公開謝罪”の米記者感激ツイート

4/13(金) 9:11配信

Full-Count

ロイヤルズ戦前の練習中の心温まるストーリー

 エンゼルスの大谷翔平選手が12日(日本時間13日)、「8番・DH」でスタメン出場する敵地ロイヤルズ戦の試合前練習で見せた心温まる行動が話題になっている。複数の米記者がツイッターなどで報告している。

【画像】「頼めばバットがもらえるかも」…大谷から貰ったバットを笑顔で手に持つロイヤルズカラーのレオ君

「この子はレオ・グアステージョ君。6歳です。このバットを手に入れた経緯は素敵な物語です」と、ロイヤルズカラーの練習着を身につけ、ロイヤルズ本拠地カウフマンスタジアムのグラウンド上で満面の笑みを浮かべる男の子の写真をツイートしたのは、米「Yahoo!スポーツ」のジェフ・パッサン記者だ。オープン戦で見た大谷の評価を間違えたと、先日“公開謝罪”した記者でもある。ツイッターで紹介されたレオ君の手には、アシックスのマークの入った黒いバットが握られていた。

 パッサン記者が6度のツイートに分けて綴ったのは、大谷とレオ君の心温まるストーリーだった。父と一緒に球場へ練習見学に訪れていたレオ君は、打撃練習を終えてファンにサインする23歳二刀流に遭遇。「頼めばバットがもらえるかも」という父のアドバイス通り、大谷に向かって「バットもらえませんか?」と英語で繰り返し話し掛けたという。これに気付いた水原通訳が大谷にレオ君が何を言っているのか伝えると、大谷は冗談めかして「あげねーよ」と言いながらも破顔。一旦、クラブハウスに戻ったものの約4分後に再びグラウンドに姿を現すと、漢字で「大谷」と名前の入ったバットをレオ君にプレゼントしたという。

 二刀流の大谷は投手としても打者としても準備を進める必要があるため、他の選手以上に忙しいスケジュールを過ごしている。だが、小さなファンに見せた優しい心遣いにパッサン記者は感激。「ショウヘイ・オオタニは23歳。1世紀もの間、成し遂げられなかったことに挑戦している。それでも、新しいお気に入りの選手はオオタニで、彼のバットをほしいという6歳の子供のために時間を割く心を持っている」とツイートした。

 大谷がクラブハウスに戻っている間、レオ君は「史上最高の野球選手だよ。だって、投げるし打つんだもん」と話していたという。

 野球好きな子供のために、わずかながら時間を割いた大谷。バットをもらったレオ君は、この日の出来事を一生忘れることはないだろう。

Full-Count編集部

最終更新:4/13(金) 15:45
Full-Count