ここから本文です

DeNA、最後は井納が締めた!ラミレス監督「山崎康晃は休ませた」

4/13(金) 21:50配信

ベースボールキング

 DeNAの井納翔一が13日の中日戦、6-5の9回にマウンドにあがった。

 1点リードの9回、本来であれば守護神・山崎康晃が登板する場面だが、「山崎康晃は連投で疲れていたので休ませました」(ラミレス監督)と前カードの巨人との3連戦で3連投した山崎康ではなく、今季先発からリリーフに転向した井納翔一がマウンドにあがった。

 井納は先頭の高橋周平を三ゴロに仕留めると、続く代打・亀沢恭平を三直に打ち取り、簡単に二死とした。最後も代打・藤井淳志を一直で試合を締め、井納はプロ初セーブを挙げた。ラミレス監督は「良い投球をしてくれたね」と評価した。

 『ニッポン放送制作のDeNA-中日戦』で解説を務めた若松勉氏は、ラミレス監督の井納の抑え起用に「思いきった采配をしますよね」と話し、「選手もやってやるぞという気持ちになるんでしょうね」とモチベーションが好結果に繋がっているのではないかと分析した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING