ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大谷 三塁打に申告敬遠 メジャー初体験続く

4/13(金) 11:23配信

日刊スポーツ

<ロイヤルズ1-7エンゼルス>◇12日(日本時間13日)◇カウフマンスタジアム

 エンゼルス大谷翔平投手(23)は「8番DH」で先発出場。4打数1安打3打点、1四球だった。

【写真】けん制球でアウトとジャッジされるもチャレンジの結果セーフとなり両手を広げる大谷

 7回2死満塁の場面で右腕マウアーから右中間へメジャー初の三塁打を放った。走者一掃、3打点を稼いだ。これが11打点目。

 この日は通算92勝を挙げ、ダイヤモンドバックス時代の11年には21勝を挙げ最多勝のタイトルを取った右腕イアン・ケネディ投手(33)と第3打席まで対戦した。

 第1打席は2回2死無走者、カウント1-2から外角150キロ直球に手が出ず見逃し三振。

 第2打席は4回2死一塁、フルカウントから150キロ高め直球を打って左飛に倒れた。

 2打数無安打で迎えた6回の第3打席は初の申告敬遠。2死二塁の場面で、ケネディ-ビュテラのバッテリーは、大谷を敬遠することを選択。審判への申告制で、1球も投げることなく歩かせた。開幕からまだ2週間だが、メジャーで早くも警戒される打者であることが証明された。

 クローザーのヘレーラとの対戦となった9回の第5打席は三ゴロだった。

 通算成績は26打数9安打、3本塁打、11打点、3四球、6三振、打率3割4分6厘。

最終更新:4/13(金) 13:44
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報