ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

石川遼首位キープターン、トラブルしのぎファン歓声

4/13(金) 15:55配信

日刊スポーツ

<男子ゴルフ:東建ホームメイト杯>◇第2日◇13日◇東建多度CC名古屋(7081ヤード、パー71)◇賞金総額1億3000万円(優勝2600万円)

【写真】金閣寺のような建物を背にパッティングをする石川遼

 首位スタートの石川遼(26=CASIO)が、ハーフを終え、2バーディー、ノーボギーでスコアを2つ伸ばし、通算10アンダーで首位に立っている。

 石川は、スタートの1番パー4でバーディーを奪い、3番パー3でもバーディーと、早々とリードを広げた。その後は、スーパーショットで苦しい場面をしのぎ、10アンダーをキープした。特に9番では、ドライバーでコース右斜面の植え込みに打ち込むトラブル。

 しかし、植え込みの根元からアイアンで斜面の傾斜を利用してボールをフェアウエーに戻した。第3打は、グリーン奥5メートルを残したが、そのパットを沈め“スーパー・パー”。大勢のギャラリーが大歓声でプレーをたたえ、この日一番の盛り上がりとなった。T・クロンパが9アンダーで2位、宋永漢と、重永亜斗夢が7アンダーで続いている。

最終更新:4/13(金) 16:17
日刊スポーツ