ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

巨人岡本は軽傷強調「余裕っす」広島野村から死球

4/13(金) 23:29配信

日刊スポーツ

<巨人10-2広島>◇13日◇東京ドーム

 巨人岡本和真内野手(21)が死球の影響が軽傷だと強調した。

【写真】死球を受けた右手甲に湿布を貼りながら引き揚げる岡本

 5回の打席で広島野村の内角シュートを右手に受けた。ベンチでの治療後、一塁走者へ向かったが、6回の守備から交代した。

 試合後は「余裕っす。(6回以降も)行くっていったんですけどね」と話し、笑顔を浮かべて帰路についた。

 初回には3号2ランを放つなど、1イニングで5得点の打線を爆発に導いた。前日12日からクリーンナップの5番に初めて座り、初アーチをかけた。「流れに乗ってしっかり打たせてもらった」と振り返った。

最終更新:4/13(金) 23:47
日刊スポーツ