ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

タケノコ豊作祈願 金沢・妙福寺で感謝祭

4/13(金) 14:04配信

北國新聞社

 石川県野菜園芸協会の第51回たけのこ感謝祭は13日、金沢市寺町3丁目の法華宗妙福寺で営まれ、生産者ら約60人が石川のタケノコ生産の礎を築いた加賀藩士岡本右太夫(うだゆう)の遺徳をしのび、県産タケノコの豊作を祈願した。

 金原博会長が「新鮮で高品質なタケノコの出荷に努める」とあいさつし、竹嶋廣岳住職が読経した後、参列者が焼香した。引き続き、右太夫の墓前に地物のタケノコを供え、参列者が手を合わせた。

 JA全農いしかわによると、今年はタケノコの収穫が多い「表年」で、県内の出荷量は約650トンを見込む。出荷は4月下旬から5月上旬にピークを迎える。

北國新聞社

最終更新:4/13(金) 14:04
北國新聞社