ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ラツィオGKストラコシャ、4失点に悔しさ「2点目の対応を誤った」

4/13(金) 14:09配信

SOCCER KING

 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグが12日に行われ、ラツィオはアウェーでオーストリアのザルツブルクと対戦し、1-4と敗れ、2戦合計5-6で敗退となった。

 この試合で4失点を喫したアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャが試合後に『ラツィオ・チャンネル』のインタビューに応えた。

 72分から4分間で3点を許したストラコシャは「チームメイトたちは全てを出し切り、良く戦った。一方で、僕は2点目の対応を誤った。あの失点がその後のことに影響を及ぼしてしまった。残念でならない。自分たちは敗退には値しなかった。先制点のリードを奪った後にすぐに同点ゴールを喫した。恐らくあそこで恐れを抱いてしまったのかもしれない。2点目は自分のミス。それから、混乱に陥ってしまった」と、自らのミスが敗退の要因になったと振り返った。

 そして、ローマとのローマ・ダービーについては「ローマはチャンピオンズリーグ(CL)で勝ち抜けを決め、モチベーションに溢れているだろう。しかし、我々も不当に敗れ、それ以上にやる気に満ちている。カンピオナートで歩みを進めるため、我々の後押しとなるだろう」と、この試合が衝撃のEL敗退から立ち直るためのきっかけとなると主張している。

SOCCER KING

最終更新:4/13(金) 14:10
SOCCER KING