ここから本文です

中国のニュースアプリ4件ダウンロード停止 今日頭条など

4/13(金) 16:35配信

東方新報

【東方新報】中国の四つのニュースアプリが9日午後、アンドロイドのアプリストアから消えた。それぞれ、「今日頭条(Toutiao)」、鳳凰網(iFeng)傘下の「鳳凰新聞」、網易(NetEase)傘下の「網易新聞」、騰訊(テンセント、Tencent)傘下の「天天快報」だった。今日頭条は3週間、鳳凰新聞は2週間、網易新聞は1週間、天天快報は3日間、ダウンロードサービスを停止するという。

 政府の監督管理部門によるインターネット管理、規制が強化されていることが背景にある。

 四つのアプリのダウンロードを停止したことについて、「管理当局の要求により、ダウンロードを停止します」(騰訊のアプリストア)、「内部の調整中。終わり次第ダウンロード可能」(ヴィーヴォ(Vivo)のアプリストア)などと説明。華為(ファーウェイ、Huawei)のアプリストアは、アプリ自体が検索できなくなっている。

 中国のIT調査会社、易観(Analysys)によると、2018年2月時点の「今日頭条」のアクティブユーザーは2億6300万人、天天快報は4500万人、網易新聞は6000万人、鳳凰新聞は5600万人だった。

 業界関係者によると、個人がニュースアプリなどを通じて発信する内容について、当局が懸念したことが原因とみている。

 この約1年、政府はインターネット空間に対する監督、管理を強化し続けている。国家インターネット情報弁公室は2017年8月、微信(ウィーチャット、WeChat)、新浪微博(Sina Weibo)、百度(Baidu)の掲示板である貼吧(Tieba)が「インターネット安全法」などの法律に違反している疑いがあり、管理義務を怠っているとして、調査に着手している。

 また、「今日頭条」に関しては、この2週間で今回が3度目の処分となった。

 北京市工商行政管理局は3月30日、「今日頭条」に対し広告収入23万6000元(約402万2000円)を没収し、さらに広告収入の3倍に相当する罰金を要求、計約94万4000元(約1609万円)を科した。4月4日には、中国国家新聞出版広電総局が「今日頭条」の責任者を呼び出し、低俗、暴力、グロテスク、ポルノといった有害な内容はすぐに削除し、制作者の責任を追及するよう要求していた。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:4/13(金) 16:35
東方新報