ここから本文です

子育て世代定住促進へ 3LDK30戸整備 基山町

4/13(金) 13:51配信

佐賀新聞

 佐賀県三養基郡基山町は12日、旧町役場跡地に整備する子育て世代向けの定住促進住宅の概要を発表した。鉄筋コンクリート造りの6階建てで、3LDKの30戸が入る。官民連携によるPFI方式で整備し、来年4月から入居者を受け入れる。

 12日の臨時町議会で事業契約議案が可決されたことを受け、発表した。住宅の名称は「アモーレ・グランデ基山」。オートロックやトランクルーム、宅配ボックスなど、従来の町営住宅にはなかった設備に加え、太陽光発電も設置する。

 5月から既存の建物を解体して建設工事に入り、来年3月に完成する予定。町は、町外の子育て世代を主な入居者と見込み、保育環境の充実や独自の子育て施策も併せてPRする。

 松田一也町長は「若者が基山に定住してくれるきっかけになれば。中心市街地活性化の起爆剤にしたい」と話した。

最終更新:4/13(金) 13:51
佐賀新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ