ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

武雄競輪場に公園完成 初心者向けBMXコースも

4/13(金) 14:12配信

佐賀新聞

 武雄市の武雄競輪場に12日、初心者向けのBMX(バイシクル・モトクロス)コースなどを備えた公園が完成した。

 競輪場のバンク東側の駐車場3850平方メートルを公園にし、BMXコースや大型遊具、幼児用遊具、芝生広場、管理棟などを設けた。建設工事費は1億6779万円。

 BMXコースは670平方メートルに幅3メートル、全長95メートルの起伏のあるコースを造った。大小5台ずつの自転車と幼児用自転車10台、ヘルメット、ひざあて、ひじあても備え、無料で貸し出す。小学生ぐらいまでが対象で、午前9時から午後5時まで利用できる。

 遊具は930平方メートルの芝生広場に設置。大型遊具は大小の滑り台やアスレチックネット付きで、別に幼児用の遊具もある。管理棟は木造平屋建て約70平方メートルでトイレや自転車保管庫も備える。

 落成式には近くの小鳩の家保育園の園児ら約150人が参加。小松政市長は「子育て環境の充実、競輪場や地域の活性化につながる公園」と利用を呼び掛け、BMXコースでは世界選手権出場経験を持つ武雄町の中尾海斗さん(16)と弟の優太ちゃん(3)がデモ走行を披露した。

最終更新:4/13(金) 14:12
佐賀新聞