ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

廣瀬智紀&川栄李奈W主演! 鈴木おさむ作“泣き恋”舞台上演決定

4/14(土) 12:23配信

cinemacafe.net

放送作家として数々の人気バラエティを手がけ、5月公開の『ラブ×ドック』で映画初監督を果たした鈴木おさむ作・演出の新作舞台が、10月より東京ほかにて上演されることが決定。廣瀬智紀と川栄李奈をW主演に、切なく泣けるラブファンタジーが幕を上げる。なお、本作のタイトルや上演日程などは5月下旬に発表される予定だ。

【画像】廣瀬智紀&川栄李奈W主演舞台ティザービジュアル

■主演はそれぞれ活動の幅を広げるこの2人!
今回主演を務めるのは、舞台「弱虫ペダル」「ダイヤのA」に出演し、劇団☆新感線の舞台『「髑髏城の七人」Season月 下弦の月』での熱演も話題となった廣瀬智紀と、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や「僕たちがやりました」『亜人』などに出演し、4月より「A-Studio」のサブMCに抜擢され、多方面で活躍する川栄李奈。今回W主演の廣瀬さん、川栄さん、そして鈴木氏の初タッグで、“泣き恋”舞台が作り上げられる。

廣瀬智紀、「殻をまた一つ突き破りたい」


鈴木氏のコラムで「縁と縁が集まって円になる」という言葉が印象に残っていたと言う廣瀬さんは、「素敵だなっと思ったのと同時に自分の環境もそうやって繋がっていることに改めて感謝しました」と前置きし、「今回そのご縁で作・演出鈴木おさむさんの作品に参加させていただけることを幸せに感じ、自分の殻をまた一つ突き破りたいと思います。川栄さんはじめキャストの方々と、円を大切に、怯まず楽しんで全力でぶつかりたいと思います!」と意気込みを語っている。

川栄李奈、「きちんと自分を作っていけるように」


「いつかご一緒したいと思っていたのですごく嬉しいです!」と、鈴木氏の舞台に出演することを喜んだ川栄さん。「鈴木おさむさんの世界観の中できちんと自分を作っていけるように頑張りたいと思います。たくさんの方に観に来ていただきたいです!」とコメントしている。

鈴木おさむ、「計5名による、切なくて泣ける恋の物語」


また鈴木氏は、「いま、全力でかけ上っている若い4名のキャストといぶし銀の男、計5名による、切なくて泣ける恋の物語を作ります」と物語について少し明かし、「廣瀬とは、いまから7年ほど前に出会いました。デビューして間もない頃に、オーディションで。そこから、色々な縁が重なり、ここでまた交わる。川栄さんは、ふとした場所で、お会いして、そのときの目がね。忘れられません」と主演2人の出会いについて明かした。

■音楽は大塚愛!
そして今回、鈴木氏本人からの要望で、女子の切ない恋心を絶妙に描くシンガーソングライター、大塚愛による主題歌書き下ろしが実現。大塚さんが舞台音楽を書き下ろすのは今作が初。「オファーを頂いて有難い気持ちではあるのですが、自分の舞台の知識も観劇した経験も無知に近く、正直なところで申しますと、大丈夫かな、と不安もあります」と心境を明かすも、「せっかく頂いたご縁を、無知だからこその新しい扉と化学反応を期待して精一杯取り組んでみたい」と話している。


■戸塚純貴&柳美稀&山崎樹範も参加
W主演の2人のほかにも、『ライチ☆光クラブ』やバラエティ番組「痛快TV スカッとジャパン」のショートドラマに出演し、存在感ある演技が注目されている戸塚純貴。「動物戦隊ジュウオウジャー」「賭ケグルイ」などに出演し、今回が初舞台となる個性派若手女優・柳美稀。そして、「Dr.コトー診療所」「トットちゃん!」『龍三と七人の子分たち』など数多くのドラマや舞台で活躍する山崎樹範の出演も明らかに。

今回のオファーに震えたと言う戸塚さんは、「『イケメン御曹司』…僕には求められることのない役と思っていました。新しい世界を見て、魅せていきたいと思っております」と役柄について明かし、これまでにも鈴木氏の舞台に出演してきた山崎さんは、「おさむさんの舞台は間違いなく面白い」と自信を持ってアピール。今作については、「間違いなく皆様の涙腺を刺激するでしょう。誰かを愛したときの気持ち。誰かに愛されたときの気持ち。その感動を劇場で共有したいと思います。是非、足をお運び下さい。期待には応えますよ!!」とコメント。

さらに「ワクワクと緊張が織り交ざっています」と心境を明かす柳さんは、「出演者の中で私だけが初舞台だと思うので、不安なこともたくさんあるのですが、全力で楽しみながらお芝居をしたいです。お客さんと一体になって味わえる雰囲気を早く体感してみたいです。モデル志望の役ということもあり、体作りから役作りに励みます!」と気合十分だ。

鈴木おさむ作・演出の新作舞台は10月、東京・オルタナティブシアターほか全国各都市にて上演予定。

最終更新:4/14(土) 12:23
cinemacafe.net