ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<北海道>棚からCDが落ちて散乱…北海道東部で震度5弱

4/14(土) 12:08配信

HTB北海道テレビ放送

HTB北海道テレビ

 14日あさ、道東で最大震度5弱を観測する地震がありました。震度5弱を観測した中標津町では、棚から物を落ちるなどの被害も出ています。
 14日午前4時ごろ、根室半島南東沖を震源とする地震がありました。地震の規模を示すマグニチュードは5.4と推定され、中標津町で震度5弱を観測しました。道の危機対策課によりますと、地震によるけが人や建物の倒壊などの被害は確認されていません。
 札幌管区気象台担当者「この地域では過去に大地震発生から1週間程度に同程度の地震が発生している事例があることから、揺れの強かった地域では、地震発生から1週間程度、最大震度5弱程度の地震に注意。さらに強い揺れをもたらす地震が発生する可能性がある」
 震度5弱を観測した、中標津町では、住宅やビル内の棚から物が落ちるなどの被害がありました。
 吉田麗人記者リポート「レンタルコーナーのCDが棚から落ちて、床に散乱してしまいました」
 町内のCDレンタルショップでは、従業員が朝から、棚から落ちた商品などの後片付けに追われました。
 店員「落ちたCDは100から150枚くらいはあると
 思います。予想よりは、ちょっと多かったですけど、オープンに間に合うように、頑張って直します」
 こちらのホテルでは、地震直後にエレベーターと給湯機が自動で止まり、復旧は午前中いっぱいかかるということです。
 ホテルの関係者「ひやりとはしたんですけど、揺れたときに人が乗っていない状態で、良かった」
 JR花咲線では線路の点検のため、これまでに4本の列車が運休しましたが現在、運転は再開されています。また、釧路空港・中標津空港ともに施設に被害はなく、運航に影響は出ていません。高速道路や国道も通行止めなどは出ていないということです。

HTB北海道テレビ