ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

イラク日報にも「戦闘」文言=複数箇所、来週公表へ―防衛省

4/14(土) 0:23配信

時事通信

 防衛省が存在しないとしていた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題で、日報の中に「戦闘」という文言が複数箇所で記載されていたことが13日、同省幹部への取材で分かった。

 これまでに435日分、1万4000ページ以上の日報が見つかっており、同省は来週にも公表する方向で調整しているもようだ。

 陸自イラク派遣は、イラク復興支援特別措置法に基づき、部隊が2004~06年にイラク南部サマワへ派遣され、医療や給水、公共施設の復旧整備などの支援を実施した。

 活動地域は「非戦闘地域」に限定していたが、当時のイラク情勢から「全土が戦闘地域の状態で、派遣は憲法9条違反」との指摘もあった。「戦闘」の記載を受けて、改めて派遣の妥当性が問われそうだ。

 防衛省は日報の不開示部分を精査中。同省幹部によると、部隊運用の詳細や隊員のプライバシーに関係する部分などは黒塗りにするが、「戦闘」の文言は開示される可能性が高いという。 

最終更新:4/16(月) 19:50
時事通信