ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

米地銀PNC、第1四半期利益が予想と一致

4/14(土) 0:18配信

ロイター

[13日 ロイター] - 米地銀PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ<PNC.N>が13日に公表した第1・四半期(1━3月)決算は、利益が予想と一致した。

金利収入が急増する一方、貸倒引当金を積み増し、費用がかさんだ。

費用が5%増の25億3000万ドル、貸倒引当金は4.5%増の9200万ドル。

利益は、前四半期まで7四半期連続でアナリスト予想を上回っていた。

普通株主帰属の純利益は11億6000万ドルと、前年同期の9億6300万ドルから増えた。

1株当たりの利益は2.43ドルで、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均と一致した。

融資ポートフォリオが4%増、商業融資は6%伸びた。

純金利収入は9%増の23億7000万ドルだった。

最終更新:4/14(土) 0:18
ロイター