ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【トロロッソ・ホンダ】低温下の中、FP1は調整に時間を要した。PUはトラブルなく終えた

4/14(土) 8:31配信

TopNews

トロロッソ・ホンダが、上海インターナショナル・サーキットで行われた2018年F1第3戦中国GP(15日決勝)の初日を次のように振り返った。

●【他の画像】レッドブル首脳「ホンダと手を切ったのはマクラーレンのミス」

2018年シーズン第3戦中国GPが初日を迎え、プラクティス1、プラクティス2が行われた。朝からぶ厚い雲に覆われた上海インターナショナル・サーキットは、気温17℃、路面温度も20℃前後と、比較的低温下でのセッションとなり、プラクティス2終盤には雨も降り始めた。

プラクティス1では、ハートレー車のフロア交換とガスリー車のセッティング調整に少し時間を要しましたが、チームはトラックタイムを稼ぐために最小の時間で対応し、十分な周回数を消化した。このセッションを、ガスリーが11番手、ハートレーは16番手で終えている。

プラクティス2では、ウルトラソフトタイヤによるアタックとロングランを行い、ガスリーが12番手、ハートレーが15番手。ともに大きな問題はなく、予定通り多くの周回を消化し、マシンのセッティングを進めた。

PUとしては、通常の金曜日と同様、サーキット特性に合わせたドライバビリティやエネルギーマネージメントの調整を行い、トラブルなく初日を終えている。

2日目となる14日(土)は午前11時(日本時間正午)よりプラクティス3、午後2時(日本時間午後3時)より予選が行われる。

最終更新:4/14(土) 8:31
TopNews