ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

船の二酸化炭素排出「50年に少なくとも半減」 IMO

4/14(土) 1:08配信

朝日新聞デジタル

 国際貿易を支える海運分野で、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出を2050年までに08年比で少なくとも50%減らすことになった。13日、ロンドンで開かれていた国連の専門機関・国際海事機関(IMO)の委員会が、初の削減戦略を圧倒的多数で採択した。

 委員会には100カ国あまりが参加。最終案に反対したのは、米とサウジアラビアの2カ国だった。

 国際海運分野は世界のCO2排出量の約2%を占め、国でいえばドイツと同等の排出規模となる。温暖化対策の国際ルール「パリ協定」には含まれておらず、これまで対策のない唯一の産業分野だった。

朝日新聞社