ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【セガフェス】「サクラ大戦」が完全新作で復活! 「シェンムーI&II」がPS4で復活!

4/14(土) 13:03配信

Impress Watch

 セガホールディングスがグループ横断のファンフェスとしてベルサール秋葉原にて開催する「セガフェス2018」が4月14日に開幕した。オープニングを飾るイベントは同社の代表取締役会長兼CEOを務める里見治紀氏による「~すべてのセガファンに感謝をこめて~SEGA Fan Meet-Up 2018」と題したプレゼンテーションで、30分間と短い時間にも限らず、大きな発表を4つ矢継ぎ早に披露し会場を熱狂の渦に巻き込んだ。

【この記事に関する別の画像を見る】

 プレゼンテーションに先駆けて行なわれたテープカットで里見氏は「セガの『感動体験を創造し続ける』というテーマを、ファンと社員が一体となって感じ楽しで、ぜひ良い想い出を持って帰っていただきたい」と挨拶。セガゲームスの代表取締役社長COOの松原健二氏も「ファンのみならず社員もワクワクして、セガフェスの開催を待っていました。一緒に楽しんでいただきたい」と語り、テープカットを行なった。

■「シェンムーI&II」がプレイステーション 4で復活!

 プレゼンテーションとしては3番目の発表となったが、映像が公開されるとこの日1番のどよめきと歓声が上がったのが「シェンムー」だった。過去の映像から「2018年発売予定」と映し出されたときは、期せずして大きな歓声と拍手が巻き起こった。里見氏は「ファンの方にどう楽しんでもらえるのか。『シェンムー』に関しては常に(復活の)声をもらっていた」と語った。

 今回「シェンムーI&II」を手がけるのはセガ・ヨーロッパのパブリッシング部門EVPのジョン・クラーク氏。プレゼンテーションには芭月 涼のコスプレで登場。開口一番「日本のセガファンの前で発表できて非常に興奮している」と嬉しそうに語る。クラーク氏によれば「『シェンムー』はヨーロッパでは2000年に発売されたが、『GTA III』も『The Elder Scrolls』も無い時代の革新的なタイトルだ。横須賀や香港を舞台にしており、エキゾチックな魅力もあった。『シェンムー』はセガのチャレンジ精神を表す代表的タイトルとしてヨーロッパで1番有名なタイトル」とそのネームバリューの高さを説明。

 PS4への移植にあたっては「オリジナルに忠実に、丁寧に移植している」とその方針を説明。クラーク氏は「今回の発表は、私だけではなく、『シェンムー』がセガのレジェンドとして復活したことに、今、世界から拍手が鳴り止まないだろう。『シェンムー』 is Great!」と興奮気味に語り締めくくった。

■「サクラ大戦」も完全新作で復活!

 「シェンムー」復活の興奮冷めやらぬ中、ラストに発表されたのが「サクラ大戦」の復活発表だ。

 前回のセガフェスで行なわれたファン投票で圧倒的1位だったという「サクラ大戦」。前作から13年が経過しており、完全新作として復活を遂げる。桜吹雪を背景にスクリーンに「新サクラ大戦始動」と映し出されると拍手が巻き起こった。舞台はどこなのか? これまでの華劇団との関係性は? などなど気になる点は多いが、今回発表されたのは2点のみ。1つは舞台設定は“太正二十九年 帝都・東京”。そして「『サクラ大戦』のDNAを受け継ぐ完全新作」ということ。

 「新サクラ大戦」の陣頭指揮は里見氏が直々に行なっており、「この時代に合った、リッチなコンテンツをセガの威信を賭けて、セガグループの総力を賭けて開発中」だという。

 セガグループにはアニメーションを手がけるトムス・エンタテインメントなどもあり、かなり規模の大きなプロジェクトとなりそうだ。近日中にファンも参加できるような発表会の開催を予定しているという。参加者の募集などは「サクラ大戦.com」で行なわれる。

■「メガドライブ ミニ(仮)」発売決定!

 すでに一部新聞などでもリークされていた、小さな「メガドライブ ミニ」の発売が正式に発表となった。2018年発売予定。

 非常に小さく可愛らしいデザインで、収録タイトルについて里見氏は「世界を席巻したタイトルをはじめ、マニアがうなるようなタイトルも予定している」とコメント。「観賞用としてとか、ご家庭に1つ購入して頂きたい。当時の感動体験を手軽に身近に感じて欲しい」とアピールした。

■「SEGA AGES」がNintendo Switchで登場! 開発はもちろん、こだわりのエムツー!

 トップで紹介されたのが、セガの名作を現代のハードで蘇らせるシリーズ「SEGA AGES」がNintendo Switchで復活させるというプロジェクトだ。

 2018年夏から順次配信予定で、全15タイトルを予定。日本、北米、欧州で同時展開される。まずラインナップに上がったのは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、「サンダーフォースIV」、「ファンタシースター」の3タイトル。各タイトルにはこれまで同様に新規要素が盛込まれている。開発は弊誌インタビューなどでもそのこだわり具合がファンの心を掴んでいる、おなじみエムツーが担当している。

 奥成洋輔氏念願の「バーチャレーシング 」の復活はあるのか? などラインナップに注目が集まるが、15日に開催されるセガフェスでのステージイベントで追加情報が明らかになる。また、「セガフェス2018」の1階で「サンダーフォースIV」が体験可能となっている。

GAME Watch,船津稔

最終更新:4/14(土) 23:07
Impress Watch