ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

メガドライブとドリームキャストの記念イヤーにふさわしい「セガミュージアム」がセガフェス2018で開催

4/14(土) 22:04配信

IGN JAPAN

メガドライブとドリームキャストの記念イヤーにふさわしい「セガミュージアム」がセガフェス2018で開催

すべてのセガファンのためのイベント「セガフェス2018」が4月14日~15日までベルサール秋葉原(東京)にて開催されている。ステージイベントにて『シェンムーI&II』PS4、『サクラ大戦』の完全新作、メガドライブ ミニ、過去の名作が蘇る『SEGA AGES』が発表されたので、確認してほしい。
さまざまなステージイベントのほか、セガフェス2018には巨大メガドライブコントローラーやプレイヤー自身がアームとなる「BIG UFO CATCHER」など、刺激的なアトラクションが用意されていた。中でも古参のセガファンを唸らせていたのは、今年で30周年を迎えるメガドライブと、発売から20年が経ったドリームキャストを記念する「セガミュージアム」。
ゲーム機本体から珍しい周辺機器までのハードはもちろん、メガドライブのデザイン構図やドリームキャスト発売日の新聞広告など、普段はファンの手が届かないものや懐かしいものを見ることができた。

「セガフェス2018」画像・動画ギャラリー

メガドライブとドリームキャストで中心となったゲームたちは、ミュージアムでもやはり主役を飾った。1988年からはじまったセガメガドライブのゲームライブラリー、その10年後に稼働したドリームキャストを代表する懐かしいゲームソフトのパッケージが出展されていたのだ。『アレックスキッド』に『ベアナックル』といった一斉を風靡した懐かしいタイトル、時代を象徴する『マイケル・ジャクソンズ ムーンウォーカー』に『ジュラシックパーク』。筆者が個人的に驚いたのは、セガの古典名作のコレクションソフトが『セガクラシック アーケードコレクション』(メガ・CD専用)という名で、1993年にすでに存在していたことだ。ゲーマーは昔から懐古的になるところがあるらしい。メガドライブは魅力的なパッケージアートが多く、筆者はどういうゲームなのか知らなくても『ペブルビーチの波涛』や『デビルズコース』といったタイトルに興味を持った……しかしよく見てみるとどちらもゴルフゲームであった(笑)
メガドライブと比較してタイトル数が少ないドリームキャストは、代表的なソフトを中心にパッケージが出展されていた。『サクラ大戦』シリーズに『シェンムー』シリーズといった「王道セガ」から、『ROOMMANIA#203』に『セガガガ』といった異色作が並べられ、一部の作品はコレクターズ・エディションもあった。短い寿命でも、セガがドリームキャスト向けにいかにたくさん素晴らしいゲームを送り出したか、改めて実感できる展示だった。

ゲームパッケージについては、秋葉原の一部の充実したレトロゲームショップとそこまで大きく変わるラインナップではないものの、並べ方ひとつで、普段と違った視点から見られるミュージアム。一部の代表的なものは説明文もつき、セガ独特のゲーム作りが肌で感じられる展示だったといえる。
そして、ゲームはなんといってもプレイしなければその真価がわからないものだ。会場の奥には、ブラウン管を設置してメガドライブとドリームキャストの一部のタイトルを体験できるコーナーも設けられていた。
セガフェス2018の2日目にして最終日となる4月15日、ぜひセガミュージアムも見て回ってほしい。

Esra Krabbe

最終更新:4/14(土) 22:04
IGN JAPAN