ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

国会議事堂前デモ現地レポート 参加者の顔触れは?歓声上がったのは...

4/14(土) 17:51配信

J-CASTニュース

 米国がシリアへ軍事攻撃を行ったと報じられた2018年4月14日。日本では、「安倍政権は退陣を!あたりまえの政治を市民の手で!0414国会前大行動」というデモが、国会議事堂前で行われた。

【画像】日本共産党の志位和夫委員長

 野党幹部も多数参加したこのデモ、はたして現場はどんなことになっているのか。「世論」は果たして、どこまで盛り上がっているのか――国会前を訪ねた記者が、その「前半戦」の模様をレポートする。

■「シュールすぎるぜ安倍政権」と歌うグループの前を通り過ぎていく人々

 14日13時半ごろ、東京メトロ永田町駅に降りると、そこにはすでにたくさんの人が「アベ政治を許さない」などと書かれたうちわを手に、駅のエスカレーターを上がっていた。改札前にも配布用のポスターを準備していると思しき男性が座っていたりと、14時のデモ開始前からすでに人が集まっていた。ただ、多くの人が60歳を超えた世代で、若者は少ないように見受けられた。

 少しずつ国会議事堂へ近づいていくと、人だかりができ始める。途中、音楽に乗せて、

  「贈・収・賄 確定!」
  「シュールすぎるぜ安倍政権」

などと歌うグループがいたものの、その前を通行人、参加者ともに一瞥もくれずに通り過ぎていく風景が印象的だった。

 国会議事堂の前の通りに入ると、報道陣含めて多くの人がすでに集まっている。周辺の歩道は、ちょっとした満員電車並みの状況で、主催者のツイートによれば参加者は3万人以上だという。ただ記者がいた時間帯は、過去に大人数のデモが行われたときのように、車道が解放された状況にはなかった(15時過ぎからは車道にも参加者があふれた)。

 14時になると、司会の人が音頭を取り、デモ活動がスタート。まもなく、国会議員が喋り始め、立憲民主党の長妻昭氏や社会民主党の又市征治党首が登壇し、安倍政権に関する批判を展開した。そんな中で盛り上がりを見せたのが、日本共産党の志位委員長のスピーチだった。

1/2ページ

最終更新:4/14(土) 21:33
J-CASTニュース