ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「ホース・ソルジャー」マイケル・シャノン、クリス・ヘムズワースと“男の絆”結んだ!

4/14(土) 13:15配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「ノクターナル・アニマルズ」や「シェイプ・オブ・ウォーター」で知られるマイケル・シャノンが、「パール・ハーバー」「ブラックホーク・ダウン」などを手がけた名プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーと組んだ「ホース・ソルジャー」について語ったインタビュー映像が、公開された。

「ホース・ソルジャー」マイケル・シャノン インタビュー映像はこちら!

 「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(4月27日公開)が控えるクリス・ヘムズワース、「アントマン」のマイケル・ペーニャ、「ムーンライト」のトレバンテ・ローズらが集結。2001年9月11日の同時多発テロで被害を受けたアメリカが最初に行った反撃で、もっとも危険な対テロ戦争の最前線に志願した12人の米陸軍特殊部隊員の勇姿を描く。

 主人公ネルソン(ヘムズワース)を支えるベテランの軍人ハル・スペンサー准尉を渋く演じたシャノン。「僕が演じるハル・スペンサー准尉は長年軍人をやっていたんだけど、家族で過ごす時間を作るためにそろそろ引退を考えていたんだ。だが彼は“9・11”を無視できなかった。事件の報道を見て『もう体力は落ちているけど、まだ役に立てることがある。俺は行くべきなんだ!』とね」と役どころについて語る。

 シャノンは、「登場人物が魅力的なんだ。特に僕が演じるハルという役に魅了された。また本作では、文化的に全く異なるグループが力を合わせていく過程が描かれている。同じ目的を持ち、協力し合うんだ。すばらしいことだよ。互いを理解し合うことの大切さを伝えている作品だと思う」と作品が果たした意義についても言及。本作で描かれた特殊部隊員についても「彼らはどんな戦場にも対応することができる。さらに、異なる文化の中に飛び込み、人々と交流できるスキルを持っている。2つの国の“懸け橋”となる存在だ。広く知られるべき英雄的行為だよ」と力を込める。

 “本物”にこだわり、過酷な撮影が多く続いた本作だけに、苦楽を共にした共演陣とは特別な絆を築いたという。中でも、ヘムズワースについては「クリス(・ヘムズワース)はこの役にぴったりだと思う。いかにも隊長らしい風格を持っている俳優だ。クリスはいいヤツだよ。一緒に仕事ができて楽しかった」と絶賛。「(ヘムズワース演じる)ネルソンは軍人としての経験こそ長くはないが、臨機応変に対処する能力にたけている。もちろん恐怖や不安もあったと思うが、隊長としてうまく部隊をまとめていた」と続ける。

 対するへムズワースは、「マイケル(・シャノンは)すばらしいエネルギーを持つ俳優だ。彼はみんなの先頭に立つ存在で、僕も色々なアドバイスをもらったんだ」と語っている。

 「ホース・ソルジャー」は、5月4日から全国公開。

最終更新:4/14(土) 13:15
映画.com