ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

松山英樹が始球式で115キロ 「かなり不満」

4/14(土) 15:16配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

松山英樹が14日、プロ野球・楽天イーグルスの西武戦(楽天生命パーク宮城)で始球式を行った。2011年以来2度目の登板となり、球速は115キロを記録したが、ボールはキャッチャーの手前でワンバウンド。「緊張して、どう投げればいいかわからなかった。かなり不満です。120キロが目標だった」と振り返った。

【画像】7年前の始球式ではこんな感じだった

この日のために、2日間かけて計100球を投げ込んだ。則本昂大投手にもアドバイスをもらったといい、「ストライクを投げたかったし、恥ずかしい球を投げられないと思った。きょうの朝はひじが悲鳴をあげました」と笑顔を見せた。

今年1月に他界した元楽天監督の星野仙一氏とは親交が深く、「何回か電話で話をさせてもらいましたし、もっと早い段階で始球式ができれば良かった」。星野氏がつけていた背番号「77」を背負い、故人をしのんだ。

マウンドに上がるときには観客から大きな声援を浴び、両手を振って応えた。東北福祉大出身の26歳は「(仙台は)大学生活を過ごした場所ですし、東日本大震災があった。少しでも貢献できればいい。ひとつずつ試合を頑張ってメジャーで期待される成績を残したい」と話した。(宮城県仙台市/玉木充)