ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ブレンドン・ハートレー「気温と風に苦労した。でも決勝では入賞も可能だと思う」/F1中国GP予選

4/14(土) 18:32配信

motorsport.com 日本版

 バーレーンでは歓喜の結果を得たトロロッソ・ホンダだが、ここ中国では少し厳しい状況となっている。

【リザルト】F1世界選手権第3戦中国GPスターティンググリッド(暫定)

 ブレンドン・ハートレーはQ2進出を果たしたものの、その中では最下位となる15位だった。

「昨日、僕のマシンには少し問題があったけど、ひと晩でそれを解決した。しかしバーレーンと比較して、僕らの2台のマシンはここで苦労している」

 そうハートレーはチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「影響を及ぼすモノがたくさんある。温度は大きく違うし、風もここでは強い。そういうのはメルボルンでも経験した。強い風が吹いている時、僕たちは他車と比べて苦しんでいるようだ」

「バーレーンでは、僕らは強いクルマを持っていた。今回、なぜ同じことができなかったのか、理解する必要がある。でもこれは、この中団争いがいかに熾烈な戦いなのか、示しているだけだ」

 バーレーンのような結果にはならなかったが、決勝に向けては可能性を感じていると、ハートレーは語る。

「このコースでは、オーバーテイクがしやすいと思うし、明日は気温も上がるだろう。レースでは、気温と風が変化しただけで、状況は完全に変わってしまうだろう。それだけ、今のF1は敏感なんだ」

「(予選の順位は良くなかったけど)僕はポジティブなままだ。15位からでも、ポイント獲得は可能だと思う。今日やった仕事には満足している」