ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

イチローFAも? 外野手5人の状況に米紙が報じる

4/14(土) 12:07配信

東スポWeb

 レジェンドの周辺が騒がしくなってきた。マリナーズの地元紙、タコマ・ニューズ・トリビューン(電子版)は12日(日本時間13日)、今後のロースター編成上の選択肢として、チームがイチロー外野手(44)をフリーエージェント(FA)にする可能性について言及した。脇腹を痛めて故障者リスト入りしていた25歳のギャメルが近日中にも復帰予定で、このままだと25人のベンチ入り枠の中で外野手が5人になるからだ。

 現在のマリナーズは中堅にゴードン、右翼にハニガーを固定し、左翼を左打者のイチローと右打者のエレディアを相手投手によって使い分けてきた。またイチローが先発した時は、終盤にエレディアが途中出場するケースも多い。同紙の見立てはギャメル復帰後の選択肢として、チームがハニガーかエレディアに対してマイナー降格のオプション権を行使するか、イチローをFAにするかのどちらか、というもの。

 12日(同13日)にラジオのインタビューに応じたディポトGMはイチローについて「彼は自分の仕事をやっている。グラウンドやクラブハウスに好影響をもたらしている」と評価。しかしロースターの話になると「ギャメルが13日(同14日)のアスレチックス戦で復帰するのは時期尚早かもしれないが、16日(同17日)からのアストロズ戦までにはプレーする。ギャメルに(左翼の)プレー時間のほとんどが集中するだろう」と語った。

 12日(同13日)現在、イチローは7試合に出場して22打数5安打で打率2割2分7厘。早くも正念場だ。

最終更新:4/14(土) 12:07
東スポWeb