ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

16日から「科学技術週間」 研究機関33施設一般公開 つくば

4/14(土) 7:00配信

茨城新聞クロスアイ

科学技術に対する理解と関心を深めてもらおうと、「科学技術週間」(16~22日)に合わせ、つくば市内の研究機関33施設が一般公開される(予約含む)。巨大実験施設を間近に見たり、研究者の話を直接聞いたりと、科学技術に触れる絶好の機会。昨年最も人気のあった同市千現の筑波宇宙センターでは、宇宙飛行士が見た地球の映像を上映する「宇宙から見た地球」が開かれる。

同週間は今年で59回目。昨年は約4万3千人が訪れた。公開日時は各施設で異なり、一部は事前予約が必要。総合ガイドブックは文部科学省の科学技術週間ホームページからダウンロードできる。21、22の両日は、つくばエクスプレス(TX)つくば駅発着のつくばサイエンスツアーバスが無料で運行する。

茨城新聞社