ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

畑岡奈紗が首位と2打差の3位と優勝圏内に浮上 ブルック・ヘンダーソンが首位をキープ 

4/14(土) 12:17配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ロッテ選手権 2日目◇12日◇コオリナゴルフクラブ(6,397ヤード・パー72)>

【LIVE写真】国内女子も熱戦!KKT杯バンテリンレディス 撮れたて写真をライブ配信

現地時間11日(水)から14日(土)まで開催されている米国女子ツアー「ロッテ選手権」は3日目が終了。トータル10アンダーの首位からスタートしたブルック・ヘンダーソン(カナダ)が、4バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「73」でホールアウト。1つスコアを落としたものの、トータル9アンダーで首位をキープした。

2日目終了時に10位だった日本の畑岡奈紗は、5バーディ・1ボギーの「68」とスコアを伸ばし、トータル7アンダー、首位と2打差の3位タイに浮上した。参戦2年目の19歳が、米国女子ツアー初優勝圏内から最終日をスタートする。

2週前の「ANAインスピレーション」で8位となった上原彩子は、ノーバーディ・3ボギーの「75」。パットに苦しむ展開が続き、トータル4オーバー・58位で競技を終了した。

首位と1打差の2位にモー・マーティン(米国)。3位は畑岡とインビー・パーク(韓国)が並ぶ。

【3日目の順位】
1位:ブルック・ヘンダーソン(-9)
2位:モー・マーティン(-8)
3位T:畑岡奈紗(-7)
3位T:インビー・パーク(-7)

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>